©2019 by NOURISH JAPAN LLC.

 
検索
  • 泉谷 道子 Michiko Izumitani

「アイスクリーム売らない戦略」も

報道は新型コロナウィルス一色で、仕事も予定していた出張5本中2本がキャンセルになり予期せぬ連休に家時間を存分に味わっています。


そんな中、春の到来と共にNICE CREMは動いています。この度のウィルス感染拡大を受けて、「食の大切さに改めて気づいた」という方からのご注文もあり、お客様とのやりとりを通じて、今回の出来事で食や働き方を見直す人はたくさんいるだろうなと実感しています。


NICE CREAMも輸入開始から3年目となり、今年は新たな販売方法に挑戦します。一つはアスリート向け。実はアスリートって練習前・中・後を通じて体温を下げる必要があるとのことで、アイスクリームを食べる人は多いんだとか。マラソン大会や選手村にも必ずアイスクリームはあるそうです。


そんなアスリートに嬉しい要素が、ココナッツミルク製のNICE CREAMにはぎゅっと詰まっています。


1)運動による消耗が特に激しい栄養素のうち、ビタミンB群(エネルギー代謝)、鉄分(酸素供給)、マグネシウム(骨の増強)、亜鉛(抗酸化作用)等の補給が期待できます。


2)ココナッツミルクの中鎖脂肪酸は、パフォーマンスを高め、炎症を抑える効果が期待されることから、トップアスリートの栄養管理士の方も選手におすすめしています。


3)牛乳由来のミルクと異なり、アレルギー反応や大腸菌の心配も無いので、大事な試合を控えた選手も安心して食すことができます。


来月から首都圏と愛媛県内のスポーツ施設にもご協力いただき、実証実験を開始します!


そしてもう一つは「アイスクリーム売らない戦略」。


「うちの課題は美味しいメニューが無いことじゃなくて集客なんだよ」という小規模店舗さん多いと思います。そのような店舗さんに集客ツールとして自販機収益モデルのNICE CREAM販売セットを設置いただくというものです。これはSNSマーケティングシステム開発会社の協力を得て展開予定です。最初のMVP検証参加に関心のある首都圏の店舗さん、お気軽にご連絡ください。




最後に以下、弊社のNICE CREAMと同じミックス(Froconut)の活用事例をインスタより。アーモンドミルク、オーツミルクも発売で、可能性は計り知れません^^/















35回の閲覧