早朝zoom会議に耐えうる顔を目指したらだいぶヴィーガンっぽくなってきました。

ヴィーガンアイスクリームを販売していますが、私自身はまだヴィーガンではありません。


もともとが面倒臭がりであることと制約の中で行動することが苦手であるため、「ヴィーガン」と名乗るために確認すべき細かな事柄をフォローできずにここまできています。


そんな私が、ここ最近かなりヴィーガンっぽくなってきたのですが、その要因に、5月のGWから3ヶ月以上続いている早朝zoomがあります。 関西のクライアント様と取引先のロサンジェルスの会社とのzoom会議なのですが、zoomのアップに耐えうるしゃんとした顔とクリアなマインド状態で週2、3回の1〜2時間の会議に参加しようとすると、生活パタン全体を変えざるを得ない状態になり、今ではそうすることが心地よくなってきました。


*写真はイメージ



例えば、対面の仕事だと、アイロンの効いたシャツや磨かれた靴で相手への敬意を示し、身振り手振りなどを交えた身体全体で熱意を伝えることができますが、zoomでは取り繕う要素が限られます。顔としゃべりのみで勝負です。


特にzoomでの通訳者には視線が集まります。それも首から上の部分のみに!ですから「今起きました!」感をいかに出さないかに最新の注意を払います。(顔のむくみとか、化粧ではどうしようもないこと多々あります。苦笑)


そこで「朝からスッキリ状態」実現のために今取り組んでいることが以下:


★10時頃までに寝て会議開始2、3時間前には起きる

★朝ごはんは9時〜10時頃にたっぷり食べる(和食、ぬか漬けも始めました。笑)

★18時頃までに夕飯を食べ終わる(お酒も飲み終わる。ワインも当分飲んでません)

★消化がよく、味が薄く、加工が少ないものを食べる(野菜)

★夕食後散歩し適度に疲れて寝る

ただ最近は暑くなって体力の消耗が早くなった気もして、初めてプロテインも取り入れています!(GRØNは植物性100%でありスーパーフード入り)




マインドをクリアにするためにやっているのは不要な情報を入れすぎないこと。 一方で、明確な言語表現に日々触れることが大事だと考え、podcastで英語のニュースやスピーチを聴き、日本語の本や論文を読む時間を増やすようにしています。


最近読んでいるのは、娘が持っていた「サピエンス全史」(ユヴァル・ノア・ハラリ著)。秀逸な比喩に溢れた文章に、まるで歴史の一場面を目撃したような気分にさせられ、クスッと笑ってしまうことも。 一方で、めちゃくちゃ短期間で地球上の生態系をすっかり変えてしまった新参者のホモ・サピエンスという存在の異様さに落胆し、どうすれば私たちは他の動植物と平和に共存する社会を取り戻すことができるようになるのかと、真剣に考えるようになりました。


そして、本当にそろそろヴィーガンをしっかり実践する時期にきたのかもしれないと、考えています。


今回お話しした私の実践はあくまで個人的にしっくりきているものばかりで、特に1日2食の生活が誰にとっても良いかどうかなどは、私にもわかりません。ただ少しでもご参考になれば嬉しいです!

87回の閲覧

©2019 by NOURISH JAPAN LLC.